個別指導塾で中学受験の算数で教わるメリット

中学受験を考えている小学生のほとんどは受験対策のための進学塾に通っています。進学塾は大きく分けると個別指導塾と集団指導塾に分かれます。
個別指導塾では生徒1人1人に教師がマンツーマンで指導、集団指導塾では学校のようにクラスで授業を受けるスタイルになります。
個別指導塾のメリットは個人に合わせた指導が受けられることです。
集団指導の場合、中学受験の日から逆算して合格のためのカリキュラムが組まれますが、個別指導ではそれぞれの学力や目標に合わせた計画を立てることが可能です。
得意科目や苦手科目、志望校や生活のスタイルなどそれぞれの生徒に応じたカリキュラムを組むことができるので無理なく目標に向かって学習を進めることができます。
また、大勢の前では質問がしにくいという生徒でも安心して学習でき、休んでしまった時でも授業が先に進んでしまっているという心配もありません。

中学受験において算数は合格への大きな決め手となる教科です。つるかめ算や旅人算、ニュートン算など小学校の算数では習わない特殊算の問題を解けるようにならなければいけません。
そのためにはやはり塾での指導が欠かせません。
算数の得点アップのためにはそれらを確実に習得する必要があり、それには個々の理解度に合わせて学習ができる個別指導塾がおすすめです。
このように中学受験合格のためには個別指導塾での学習が非常に有効な方法であり、近道であると言えます。